FC2ブログ

分かってみれば如何ということはない

生活の雑記帳。主に地元の飲食店来店記録や購入文具やガジェットの雑感など。題名は齋藤孝先生の「座右の諭吉」で知った好きな言葉から。

樋口式「頭のいい人」の文章練習帳

樋口 裕一
宝島社
発売日:2006-03
絵が随所にちりばめてあり、悪い文章のケーススタディ式であったりと樋口式文章講座の入門編といった感じ。以前樋口さんの本を読んでいるので物足りない感じもしました。それでも、「ありのまま書いてはダメ。嘘でいい。」の言葉一つ拾えただけでも価値があったかなと。

●留意したいポイント
・本当のことを書きすぎると文章にならない。大げさにしたり省略したりとめりはりをつける。
・相手の要求が何か考える
・~だろうか、たしかに~しかし~なぜなら~以上の理由で がテンプレ
・みんなが当たり前にそうだと思うことを取り上げても意味はない。
・ビジネス文章はである調統一で。

スポンサーサイト



[ 2012/02/17 00:23 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
アーカイブ