FC2ブログ

分かってみれば如何ということはない

生活の雑記帳。主に地元の飲食店来店記録や購入文具やガジェットの雑感など。題名は齋藤孝先生の「座右の諭吉」で知った好きな言葉から。

脱力系!前向き思考法

齋藤 孝
筑摩書房
発売日:2010-07-07
ちょっと会社の人間関係で後ろ向きになっていたときに読みましたが、前向きになれるヒントを色々もらいました。特に後ろ向きになってしまう理由の一つが実は「感情」であったことは実に灯台下暗しだなと。日々不安になることが多いのですが、感情を制御するべく「不安になったら『取り越し苦労』と言い聞かせる」を実践していきたいと思います。
●感情のコントロール策メモ
・不安になったら「取り越し苦労」と言い聞かせる
・自分を気分の海ではなく、陸に置いて客観的に自分を見る。
 気分の濁流に飲まれそうだったら、「冷静に考えろ」と言い聞かせる
・悟った人は気分の上下が無く、気分に支配されることが無い。
・一日の終始決算を強引にプラスにしておいて、それを手帳に書いておくと前向きになれる。
・ルーチンがあれば心は安定する
・「知・情・意・体」の「意」を固めて「情」を補強する
・客観的な指摘ならケンカになりにくい
・何度も評価されるとじきに評価慣れして、感情が動かなくなる=タフになる。
・日本人はとかく完璧にやろうとするからポキっと折れる。先ずは六割主義
・「人間がダメになるのは自己愛だ」by 西郷隆盛。
・自分は何がしたいのか紙に書いて、それを満たすにはどうすればいいか図化する癖をつける。

スポンサーサイト



[ 2012/02/18 01:48 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
アーカイブ