FC2ブログ

分かってみれば如何ということはない

生活の雑記帳。主に地元の飲食店来店記録や購入文具やガジェットの雑感など。題名は齋藤孝先生の「座右の諭吉」で知った好きな言葉から。

ウェルチにNOを突きつけた現場主義の経営学

冒頭の著者がGEに入り成長していく姿は新書なのにドラマチックな小説のように引きこまれました。逆境に立つことで人間はどんどん成長すると良く聞きますがまさにその通りであることをこの本からも痛感。どんなことでも最終的には人がなんとか出来るのだと勇気をもらいました。
スポンサーサイト



[ 2012/05/13 23:37 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

FC2カウンター
最新コメント
検索フォーム
アーカイブ